第2回 パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会
受賞者

本学会では,全国大会の発表を奨励することを目的に,優秀な研究を発表した者およびその指導者を対象に賞を授与しています。第2回全国大会の受賞者は以下のとおりです。

最優秀研究発表賞

該当なし

優秀研究発表賞

レーザスキャナを用いた群集流動特性の解析
帷子京市郎,鈴木智之(東京大学),趙 卉菁(北京大学),仲川ゆり(JR東日本),柴崎亮介(東京大学)
幼児教育学科におけるマルチメディア演習の実践とその効果
荻原 尚,木川 裕(武蔵野学院大学)
掌紋を用いたバイオメトリクス認証
渡辺朝子,田中敏幸(慶應義塾大学)
小学生のブログ利用と情報倫理意識について
林 真奈美,仁神雅恵,蝦名ともみ,木川 裕(武蔵野学院大学)
フランス語教育におけるe-Learningプラットフォームを活用した遠隔教育の試み
茂木良治,田中幸子(上智大) ,峰内暁世(立正大学),森 清子(チエル)
トゥーンレンダリングのための髪の輪郭線用モデルの生成
鎌田光宣(千葉商科大学)
ウェーブレット変換による自動採譜
上森あゆみ,田中敏幸(慶應義塾大学)
Web2.0環境と学生の意識
上山俊幸(千葉商科大学)
ネット社会における子供達の在り方
神林優子(大東文化大学),木川 裕(武蔵野学院大学)

研究奨励賞

電子透かしにおける結託攻撃に対する特性評価
佐久間貴士(戸板女子短期大学)
地域の伝統行事へのGIS利用に関する研究-熊谷うちわ祭りへの適用事例-
中川雅斗,酒井聡一,後藤真太郎(立正大学),坪井塑太郎(明治大学)
組織におけるリスク管理のための簡易計算手法の提案
高橋里司,Muhammad Dzulqarnain,松尾徳朗(山形大学)
模倣品・海賊版に対しての利用意識調査
小倉將大,植野芳徳,宮澤一輝(大東文化大学),木川 裕(武蔵野学院大学)
遠隔教育システムを用いたGIS教育環境の構築と課題
酒井聡一,後藤真太郎,山下倫範,櫻井広幸(立正大学)
プロジェクト学習における計画書作成支援システムの研究
福田真規夫(大阪国際大学)
ネット犯罪とモラルの低下に関する調査と問題点
守屋敏己,佐々木拓也(大東文化大学),木川 裕(武蔵野学院大学)
D-STAR DV附加装置制御プログラムの作成
若鳥陸夫(アールエルエル研究所)
CGによる紐の造形
森田克己(札幌大谷大学)

優秀研究指導賞

田中敏幸(慶應義塾大学)
・病理画像診断における判別分析法
・掌紋を用いたバイオメトリクス認証
・ウェーブレット変換による自動採譜
木川 裕(武蔵野学院大学)
・小学生のブログ利用と情報倫理意識について
・模倣品・海賊版に対しての利用意識調査
・ネット犯罪とモラルの低下に関する調査と問題点
・ネット社会における子供達の在り方

過去の受賞者